京都の哲学の道にあるギャラリーolus kyo
展示会/exhibition
ギャラリーolus kyo/オルス京

こころとからだが潤う暮らし

日々を彩る手仕事の「もの」は
日常を共にする優しさや
心を和ませる美しさがあるように思えてなりません。
自由な眼と柔らかな心で、暮らしに溶け込む
あたたかな「もの」を紹介していくと共に
「もの」作りに携わる方々の表現のスペースとして誕生しました。
また食への関心も尽きず Olus・kyo の Olus はラテン語で野菜、
kyo は京都の自然に育まれる願いを込めて・・・
手を動かすことで生まれる愉しい「食」や「もの」の
ワークショップも不定期に開催予定。
今日の潤いが明日へつながる
「人」と「もの」の出会いの場所になれば幸いです。