京都の哲学の道にあるギャラリーolus kyo
展示会/exhibition
過去の展示会はこちら
展示会/exhibition
哲学の道にあるギャラリー 哲学の道にあるギャラリー 哲学の道にあるギャラリー 哲学の道にあるギャラリー 哲学の道にあるギャラリー 哲学の道にあるギャラリー 哲学の道にあるギャラリー 哲学の道にあるギャラリー

器の大中小 田端志音 作陶展

2015.11.6(金)- 18(水)10:00-17:00 会期中無休

同じ形、同じ焼き、同じ絵付けでありながら
大きさが変わることで風景を変えていく器。
そんな器たちが、私のまだ知らない新しい風景を
作り出す可能性に期待したい。 田端志音

OLUS KYOより

田端志音さんは、軽井沢 鶴溜の浅間山を望む木々の中に穴窯を築いて
美しい器の数々を生み出しておられます。
10年前の初夏に訪れた料理屋さんで
志音さんの器に魅了され、すぐさま工房をお訪ねしました。
以来、憧れの作家さんであり、私の先生でもあります。

PROFILE

1985年より5年間、茶道具商、大阪の谷松屋戸田商店に勤める。
そこで数々の名品を実見する機会に恵まれ、その貴重な体験を通して
1991年、作陶の世界に入る。
2006年以降、京都・野村美術館にて
2年に1度(偶数年の11月)個展を開催。
自宅のギャラリーでは常時作品を公開。