京都の哲学の道にあるギャラリーolus kyo
展示会/exhibition

奥島圭二 硝子の茶碗

2017.3.17 (金) - 27 (月)
11:00-17:00 会期中無休

光の屈性と反射。個体性と液体性。
外側の形があって内側の世界もある。
硝子には一見相反する要素が同時に内在し
捕らえきれない面白さがあります。

独自の技法により作り上げた硝子の茶碗を中心に、
その色彩は春の陽光が瞬くような美しさを纏っています。

PROFILE

1977年 滋賀県生まれ
2002年 富山ガラス造形研究所造形科 修了
ガラス工房勤務、着物染色工房勤務を経て
2010年に滋賀県高島市を拠点に硝子作家として独立。
以後国内外での展覧会を中心に活動中。

ワンコイン 硝子の茶会 - 奥島圭二の茶碗で一服 -

作家在廊日開催:17,19,20,25,26,27日 13:00 - 16:00
日替わりで「緑庵」のお菓子をお楽しみ頂けます。
(変更の場合も有)